FC2ブログ

08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.03/22(Sun)

UTADA 「This Is The One」 

前作から約4年半振りの作品。
UTADAの2ndアルバムが、遂に発売されました!

This Is The One
This Is The One
posted with amazlet at 09.03.22
Utada
ユニバーサルミュージック (2009-03-14)
売り上げランキング: 9

前作の「EXODUS」が海外で不振だったので、
正直2作目はないんじゃないかと思ってた…だから、凄く嬉しい☆
「EXODUS」は実験的な要素が強すぎたみたいですね。
「Devil Inside」「Animato」「Kremlin Dusk」等、私は結構好きだけど…。


▼以下、簡単に個人的感想



【More・・・】

まず思ったのが、宇多田ヒカル名義のアルバム「HEART STATION」でもそうだけど、
彼女の透明感ある歌声が生かされているなぁということ。
メロディーも綺麗なものが多く、かといって平凡にまとめられているわけでもなく、
非常に聞きやすい作品だと思う。
1曲1曲に力が込められている(ように感じられる)前作と比較すると
自然に耳に入ってくる印象なので、気付くとつい何度もリピートしてしまいます。


多くの人が述べているように、捨て曲無しの今作ですが、
敢えてお気に入りを挙げるなら

・Merry Christmas Mr. Lawrence - FYI
・Apple And Cinnamon
・This One (Crying Like A Child)
・Automatic Part II
・Dirty Desire

…辺りかな。


「Merry Christmas~」の原曲は、大半の人が知ってるはず。
意外なセレクトにビックリですが、凄く良いアレンジ!
サビよりも、"NYC NYC WHAT WHAT…"からの流れるような歌い方が好きです。

「Apple And Cinnamon」は試聴の段階で1番気になっていた作品。
アルバムを購入してようやく全体を聞くことが出来ましたが、
やっぱり綺麗な曲です(*^^)
恋人の相性の良さをリンゴとシナモンの関係に例えるなんて、面白い☆

「This One~」は、まるで映画のエンディングロールで流れるような
壮大なメロディーだと思いました。
イメージ的には、サビなんか本当にそんな感じ。
1曲目から順番に聞いていくと、この曲では突然低いヴォーカルから入るので、
そのギャップにドキッとします。

「Automatic Part II 」は、本人曰く"インタールード的な曲"。
日本語の宇多田ヒカルと英語のUtadaを一つに繋いで、
全部まとめあげるような役割の曲にしたかったんだそうです。
今回のアルバムこそが、アメリカでのデビュー・アルバムと思っているそうで、
その想いを込めて日本でのデビュー曲の「Automatic」をタイトルに持ってきたんだとか。
(某インタビュー記事より)
自己紹介っぽい歌詞とR&B調のメロディーがカッコイイです。

「Dirty Desire」も、最初の試聴で気に入った作品。
この曲は、サビに入る1つ手前の部分(Bメロ?)が特に好きです。
リズミカルなパーカッションとクールなメロディーが印象的。
日本語版の歌詞を見て、これは今の彼女だからこそ歌える内容だなぁと一人納得。


個人的には「Sanctuary」が収録されず残念だけど、
あれは"UTADA"というより"宇多田ヒカルの英語ver."だし、
仮にこのアルバムに入れても、明らかに1曲だけ浮いちゃうから仕方ないかな^^;


アメリカでの発売は3/24(火)。
日本でも大分評価が変わったので、アメリカではどんな結果になるか楽しみです♪


*FC2ブログランキング参加中!*
記事を気に入って頂けましたら、ぜひクリックしてやって下さい♪

テーマ : 女性アーティスト - ジャンル : 音楽

【編集】 |  20:55 |  宇多田ヒカル  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。